コストメリットがこんなに!?

水分量1%? ・・・ たかが 「1%」 ではないんです。
無駄な処分費用を削減出来ます。
ご確認のお手伝いは簡単。

289_ttl01

  • 提案前  最初に訪問し現場解析した時の脱水ケーキ含水率は88.6%
  • 提案後  ビーカーテスト等を行い改善後の脱水ケーキ含水率は82.5%

289_plan01

既設脱水機のケーキ水分を今回実測した88.6%とし、ポリ鉄後のケーキ水分を82.5%とし、
メリット試算。
脱水ケーキの量の減少差額 195t/年 × 12,000円/t = 2,340,000円/年

合計 2,340,000円/年



289_ttl02

  • 提案前  最初に訪問し現場解析した時の脱水ケーキ含水率は87.0%
  • 提案後  ビーカーテスト等を行い改善後の脱水ケーキ含水率は84.7%

289_plan02

既設脱水機のケーキ水分を今回実測した87.0%とし、ポリ鉄後のケーキ水分を84.7%とし、
メリット試算。
脱水ケーキの量の減少差額 177t/年 × 12,000円/t = 2,124,000円/年

合計 2,124,000円/年



289_ttl03

  • 提案前  最初に訪問し現場解析した時の脱水ケーキ含水率は87.0%
  • 提案後  ビーカーテスト等を行い改善後の脱水ケーキ含水率は82.0%

289_plan03

既設脱水機のケーキ水分を今回実測した87.0%とし、ポリ鉄後のケーキ水分を82.0%とし、
メリット試算。
脱水ケーキの量の減少差額 167t/年 × 12,000円/t = 2,004,000円/年

合計 2,004,000円/年

ページ上部へ